磐梯高原のハイキング



1・野鳥の森(3.4km)

 池沼、湿地自然林に恵まれ、植物の種類も多く、バードウオッチングをはじめ、 自然歩道としても楽しめます。 展望台からは、桧原湖と磐梯山の眺望がすばらしいです。

2・デコ平遊歩道(5.3km)

 標高1300mのオオシラビソなどの亜高山性の樹木に囲まれた湿原には、 ミズバショウ、ワタスゲなどが見られます。 標高1350m付近では、飯豊山、磐梯山、猪苗代湖、安達太良の山々の 素晴らしい眺望が得られます。 『百貫清水』は、小野川湧水の源で神秘的な姿をみせています。 伐採をまぬがれたブナの自然林、吾妻川随一の布滝など、多様な自然が楽しめます。

3・サイクリングコースの紹介

(1)秋元湖と中津川渓谷

 秋元湖の展望台からの眺めがとても美しく、全国から多くのカメラマンが訪れます。 秋元湖入口から渓谷まで約8.5kmで、湖岸からの探勝路は中津川渓谷へと続き、 多くの滝や瀞が変化のある渓谷美を作っています。
(秋元湖入口−小野川発電所−秋元湖畔サイクリングロード−中津川渓谷−小野川発電所−秋元湖入口)

(2)曽原湖とカラマツ林

 曽原湖は薄く霧がかかった日は湖畔が見え隠れし、神秘的な美しさがただよいます。 近くには静かなカラマツ林が続き、風をうけながら気持ちのよいサイクリングが楽しめます。 国民休暇村近くには「ウオーカーズパーク」という休憩所があり一休みできます。
(例:国民休暇村−曽原湖−ハ−ブガ−デン小野川湖放水路−剣ヶ峯三叉路)

4・ウオークラリーの楽しみ

 未知の土地を地図を頼りにゴールをめざしながら歩きます。 自然への観察力と行動力、協調性も養えるネイチャーゲームです。 オリエンテーリングほどルールが厳しくなく、準備に時間とてまがかからず、 所要時間を決めてあるので、行動時間も比較的把握できます。 チェックポイントにスタンプかカードを配置しそれを集めてくるか、 スタートでチェックポイントに行かなければ解けないクイズ問題を渡し、 それを解くことで採点するといったいろいろなコースを作ることができます。
(例:磐梯山噴火記念館−剣ヶ峯三叉路−中瀬沼ハイキングコース−桧原湖遊歩道−つり橋−長峰舟付−磐梯山噴火記念館)


磐梯周辺 718x657 34.2KB


トップページへ 次のページへ